トップ  >  感想  >  他にもこれ観ました  ~5月編(下)

他にもこれ観ました  ~5月編(下)
2018年06月07日

363106_003.jpg 
「ピーター・ラビット」

peter-920x584.png こんちわ!ピーターでーす!
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250.jpg まいど、ベンジャミンでおます
peter-920x584.jpg 僕らの映画、なかなか評判がいいんじゃね?
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 原作をこよなく愛する人にしたら、これはちょっと・・・という感じかもしれんけどね。
peter-920x584.jpg まったく原作を無視してるわけじゃないが、映画にしたらこうなりましたってこと。 確かにドタバタコメディという大胆なアレンジをどう受け止めるかだろうね。 でも老若男女楽しめるエンタメとして無難な出来だし、目くじら立てるほどじゃねえっしょ。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 動物と人間があの手この手で対決し合うドタバタは「ひつじのショーン」や「バッグス・バニー」のノリやね。そこに加えて異種同士の相互理解というテーマが孕んでるってのは考えすぎかな?
peter-920x584.jpg おでこコツンで全て解決。 トランプと金正恩もすればいいのにな。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 想像するとちょっとキショいのぉ。
peter-920x584.jpg キャラクターがとにかく多彩で、それぞれに"持ちギャグ"がある。 その笑いの取り方がシンプルでツボを心得ているよね。 
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 歌を歌っていると必ず邪魔が入るスズメのカルテット。 朝が来るたびにキレるニワトリや、電気ショックフェチのハリネズミのおばさん。 鹿の「ヘッドラ~イト」もおもろかったなあ。
peter-920x584.jpg コメディもいけるドーナル・グリーソンの意外な一面も収穫だな。 トイレの水はどんなにきれいでも飲めんけどな。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s で、結局、三姉妹の長女は誰やねんな?
peter-920x584.jpg そういえば誰だっけ?
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s なんやかんや言われながらも、この映画続編の製作も決定。 楽しみやね。
peter-920x584.jpg よし、この勢いで今回の「他にもこれ観ました」は僕たちで好き勝手に進めよう。 管理人は屁こいて寝とるし。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s ええんかのぉ。

        

362526_002.jpg
「GODZILLA 決戦機動増殖都市」

peter-920x584.jpg なんだよ、メカゴジラ出てこねえじゃねえかよ。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s その代わりにメカゴジラのパーツのナノメタルが増殖進化して都市型要塞になってるという斬新な展開になっとったな。
peter-920x584.jpg いや、考え方は面白いけど、そういうのが観たいんじゃないの。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s クリエイターの作りたいものと受け手の観たいものの感覚がズレとるんやな。 これもワシらの映画であーだこーだ言われてるのと一緒。
peter-920x584.jpg でも、怪獣映画は「やっぱコレだよねー」っての観たいじゃん? 双子の姉妹の新種族が出てくるから、モスラまで期待しちゃったしよぉ。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 主人公もさんざん周りを引っ掻き回しておいて、最後にゃ、そこまでしてゴジラを倒したくないみたいなこと言い出すんやからな。 この主人公、どないやねんって思うなあ。
peter-920x584.jpg まあ、そこが人間のリアルな弱さだね。 ゴジラを倒すには、人ならざるものと化す覚悟がいるんだよ。 最終章の次作はキングギドラ登場かな?
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s でも、ゴジラ強すぎやわ。 ナノメタル漬けにしてもピンピンしとる。
peter-920x584.jpg 大丈夫。 我々ウサギが力を合わせればゴジラなどおそるるに足りず。 実はいい作戦があるんだよね。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s マジで? どんな作戦?
peter-920x584.jpg まずはベンジャミン。 1プレー目で相手のクォーターバックを潰してこい。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 何言ってんだ、オメエ?
peter-920x584.jpg 逆らったら試合に出させてやらねえぞ。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s だからなんやねん!

        

361822_001.jpg
「孤狼の血」

peter-920x584.jpg ウサギじゃけぇ、なにをしてもええんじゃ。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s どないした、急に?
peter-920x584.jpg マクレガーのジジイ、タダや済ませへんで。 絶対タマ取っちゃるさけえのぉ
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s マクレガーのジジイは死んだやないけ。 しっかりせんかい、ピーター!
peter-920x584.jpg いやあ、久々に東映の極道映画だよ。 しかもこれ、なかなかの力作。 さすが白川和彌監督、こういうギトギトした人間たちのバイオレンス絵巻はお手の物だね。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s DQN系マル暴刑事が、抗争関係にある二大暴力団と危険な駆け引きに出る物語やけど、最後の最後まで手が込んだ話になっとったのぉ。
peter-920x584.jpg まさに食うか食われるか。 一見、暴力だけがものを言うような世界だが、実はどこに落とし穴があるか分からない狐と狸の化かし合い。 伏線の張り方や、あとで意味をなす人物やアイテムの使い方も巧妙だね。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 前半は役所広司がキレッキレやが、後半からは松坂桃李の独壇場。 「娼年」もよかったが、彼はいよいよ本物になった。
peter-920x584.jpg なあ、豚のウンコってどんな味なんだろね?
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s しらんがな!

        

363240_001.jpg
「私はあなたのニグロではない」

Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 公民権活動家の作家ジェームズ・ボールドウィン(1924~1987)の著作やインタビューなどを基に、豊富な資料映像を駆使して、人種差別の実態を暴いていくドキュメンタリーやね。
peter-920x584.jpg アメリカの大統領が今、ああいう奴なんで、時代が逆行しているかのように白人至上主義がのさばり出してきた。 いや、逆行というより、なんも変わってねえな、あの国は。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s この映画を通して感じるのは、被差別者の痛みというものを外にいる人間がいかに頓着しないかやな。 差別というものは「する側の罪悪感」と「される側の苦しみ」の間に、かなりの隔たりが必然的に生まれるんや。 そこが差別というものの恐ろしさや。 だからいつまでもなくならんし、根が深く残る。
peter-920x584.jpg テレビショーの司会者が、ボールドウィンに向かって「君らはなんでそんなに悲観的になるの? 世の中は変わってきているのにそれでも希望はないの?」とか聞く。 ボールドウィンは「問題をすり替えてる限り、希望なんてありませんよ」とピシャッと答える。 いくらスポーツ界や政界に黒人が進出しても、この国自体は何も変わっていない。 黒人が安心して街を歩ける国じゃないんだ。 
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s と、いうボールドウィンの訴えは50年経っても今の世相にそのまま通じる。 その間に多くの血が流され、差別をオブラートでくるむような欺瞞が横行しては、社会全体が現実に目を背けてきた。 学ぼうとも変わろうともせんかった。
peter-920x584.jpg いろんな昔の映画の映像が出てきて、それらから多くの誤解や無知な層を生み出していったかが理解できる。 
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 肌の色の違いなんか気にするな、いちいち何でも差別差別とか騒ぐなとか言うのがおるわな。 そこや。 差別を生み出したものがそういうことを言う。 そうやって人の苦しみに気を留めてこなかった、それまでのツケの反動が出て、白人と黒人を別々にしろということを差別主義者が堂々と街角で声を上げる時代になっとる。 "逆公民権運動"や。 どこへ行くんや、この国は。

        

363340_005.jpg 
「レザーフェイス - 悪魔のいけにえ」

peter-920x584.jpg 昨年亡くなったトビー・フーバーの代表作と言えばホラーの金字塔「悪魔のいけにえ」。 それの前日譚というか、いかにしてレザーフェイスが誕生したかを描くシリーズ8作目。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 「悪魔のいけにえ」の前日譚なら以前、「テキサス・チェーンソー ビギニング」があったけどな。 まあ、ええか。
peter-920x584.jpg 息子の5歳の誕生日にチェーンソーをプレゼントする母親。長男も次男もジジイも揃ってイカれてる最強のサイコファミリーだけでなく、復讐に取りつかれた保安官や、中盤から登場する精神病院の脱走者たちなど、ヤバい奴だらけ。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s やたらに理想に燃える看護士のネーチャンもそうやな。 全編に異常さが漂っててテンションの高い語り口で進行し、観てる側としては脱走メンバーのうちの誰がソーヤー家の三男なのかという推理も楽しめる。
peter-920x584.jpg 僕はてっきりサロペットを履いたデカい奴かと思ったけど。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s グロさは思ったほどではなかったが、先読みをさせない面白さはあったな。
peter-920x584.jpg ヒロインの最後の殺され方といったら、情け無用の瞬殺。 あそこでウダウダ引っ張らないのがレザーフェイスだな。

363405_001.jpg 
「ランペイジ 巨獣大乱闘」

peter-920x584.jpg 素晴らしいっ! 怪獣好きにはたまらん直球スペクタクルだ。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 突っ込みどころ満載ながらも、突っ込むのはむしろ野暮。 できれば4Dで観るのがオススメかも。
peter-920x584.jpg 遺伝子実験の失敗によって白ゴリラ、狼、ワニが巨大化&凶暴化。 いいないいな、俺たちもでっかくなりたいなあ。 そんでもってマクレガーのジジイをプチュッと踏みつぶしてやるぜ。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s だからジジイは死んだっちゅうねん。 いや、それにしてもかつての東宝の怪獣ものを彷彿とさせてくれるのぉ。 サブタイトルにたがわぬ、「巨大生物」×「建物破壊」のコンビネーションのカタルシスが炸裂しとるで。
peter-920x584.jpg ゴリラのジョージがサイコーだ。 手話であれだけ通じ合えれりゃ言うことなし。 案外しょうもないことをするというか、イチビリなところがあるし、ボケをかぶせたり、ド下ネタをブッ込むというまことに愉快なゴリラだったね。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s そういえば3本のゴジラ映画に出演された星由里子さんが亡くなられました。 御冥福をお祈り申し上げます。

        

363122_001.jpg 
「ラッカは静かに虐殺されている」

peter-920x584.jpg イスラム国って、今はどうなってんのかな?
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 完全に消えてはおらんやろうけど、だいぶ勢力が弱まったんやないかね。 そらそうと「イスラム国」って呼び方は辞めようやないか。 あやつらは国やない。 ただのイキりたがりのゴロツキ集団や。 この先の表記はISや。
peter-920x584.jpg ISがシリアのラッカを占領し、首都とすることを宣言したのが2014年。 暗殺や公開処刑が日々繰り返される恐怖の街と化した。 これに対して、市民がシリアの現状を世界に伝えようと秘密抵抗組織を結成。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 「Raqqa is Being Slaughtered Silently(ラッカは静かに虐殺されている)」の頭文字から取られた「RBSS」という名の市民ジャーナリスト集団や。 彼らは、ひどい有り様となっているラッカを撮影してはSNSにアゲて国際社会に訴えとる。
peter-920x584.jpg 「カルテル・ランド」のマシュー・ハイネマン監督が「RBSS」と1年以上も行動を共にしながら、一人のジャーナリストに焦点を当て、一睡もできないような恐怖の中で敢然とテロリストたちに戦いを挑む姿を追った、壮絶なドキュメンタリーだね。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s とりあえずボカシは入っとるけど、死体が転がってる光景など、きっつい映像が出てくる。  「RBSS」の共同創設者であるアジズという青年に密着しながら、このドキュメンタリーが語られていくが、とにかく気が滅入るわ。 
peter-920x584.jpg ISの奴らはどんな小さな意見さえも許さんのだな。 「ほっとけほっとけ、言わせとけ」ってことができないのか、なんでそこまで血眼になって一人のジャーナリストに付きまとうんだろ? おっそろしいな。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 脅迫されて引っ越ししてもすぐに居場所がばれる。 で、アジズさんはドイツへ逃れるんやが、そこではネオナチが移民排斥を訴えるデモに出くわしたりする。 この排他根性こそ、ISの思想と同じ。 今の世界はどこに行ってもISの思想だけは生き残ってるんや。
peter-920x584.jpg テロとの戦いを名目にアサド政権はシリア市民を殺し、今度は米軍の空爆で関係のないラッカの市民に大勢の犠牲が出てる。 戦いはいつになったら終わるんかね?
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s ISの暗殺の犠牲になった同胞を思いながら、「なぜ自分じゃなくて彼らが・・・」と嘆くアジズが、タバコを加えながらガタガタと震えだすシーンは衝撃や。

        

362465_001.jpg
「のみとり侍」

Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 猫の蚤ぃ~、取りまっしょぉ~い。
peter-920x584.jpg お願いします。もう痒くて痒くて。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 自分でやれ。 おまえはいつから猫になったんじゃ。
peter-920x584.jpg この映画に出てくる、女性に愛を奉仕する裏家業「猫の蚤とり」って本当にあったのかな?
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 曲亭馬琴の書物に三行程度そんな記述があるそうや。 まあ、男同士のお店の陰間茶屋があったぐらいやし、いくら男社会の時代でも女性相手の男娼があってもおかしくないわな。
peter-920x584.jpg よし、俺らもやるか。 うさぎの蚤ぃ~、取りまっしょぉ~い。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 我々の交尾は10秒程度で終わるからな。 やり方によっちゃあ相当ボロい商売になるで。 それより映画やけどな。
peter-920x584.jpg 人情喜劇ってところだけど、なんかフワフワしてた。 もっと笑いに走ってもよかったんじゃないかな? 「テルマエ・ロマエ」的なカルチャーギャップの可笑しみを期待しちゃってたんだよね。 阿部寛のキャスティングがこれではもったいないよ。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 斎藤工演じる寺子屋の先生のエピソードは必要だったか? もっと濡れ場を!

        
               
main_20180606000012415.jpg
「モリのいる場所」

peter-920x584.jpg 明治・大正・昭和をまたにかけて多くの作品を残し、「画壇の仙人」と呼ばれた画家・熊谷守一。 この人、変わった人だね。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 30年間まったく家の外に出んかったんだとよ。 鬼級の引きこもりやの。
peter-920x584.jpg 創作してない時は庭にいる鳥や虫や草木をずーっと見て過ごしてたらしく、生き物が凄く好きだったたんだね。 マクレガーとは大違い。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s 熊谷守一のエピソードを基に、熊谷ことモリ(山崎努)と妻・秀子(樹木希林)とその周りに集まってくる人々を描いた物語や。 いや、これは予想外の傑作やったな。
peter-920x584.jpg これといった事件が起きる訳じゃないんだけど、本当に色んな人が入れ替わり立ち替わり登場しては、ジンワリと染みるような挿話が積み重ねられてるね。
Tumblr_ozu365Hd9o1tr6wqbo4_250 s そこや。 モリが庭で様々な生き物を見るように、我々もこの映画の中で、人の営みの尊さを見せられるんやな。 色んな生命が息づく世界の素晴らしさ。 そこで生きていることの幸福感。 それだけで、あとは何も要らん。 妙な感動に包まれる独特のムードを持った快作や。


1044730-peterrabbit-2.jpg 
おーい、管理人。 オメエの代わりに感想ブログ書いておいてやったぞ~

いつまで寝てんだ、こいつ?

見ろ。 こいつ寝グソ漏らしとるぞ。 きったないやっちゃのぉ。
スポンサーサイト

友罪 | トップページへ戻る | フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

オハラハン

Author:オハラハン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも一覧

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02