トップ  >  感想  >  キングコング:髑髏島の巨神

キングコング:髑髏島の巨神
2017年04月10日

T0021512p.jpg日本の某所。
ある大金持ち一家の小学生の一人娘、岡根もち代は死ぬほど退屈していた。


 爺や~。 ねえ、爺やってばあ。
 お呼びでございますか、お嬢様。
 あっ、爺やったらどこに行ってたのよ。 さてはメイドさんとちちくりあってたんじゃないの?
 バレましたか。
 してたのかよ。
 冗談でございますよ。 それよりお嬢様、今日は学校はよろしいので?
 学校って気分じゃないの。
 気分とかではなくて。 お父様に叱られますよ。
 いいのいいの。 別に行きたくなきゃ行かなくていいってパパも言ってたし。
 しょうがない御方ですなぁ、旦那様も。
 それに学校行っても面白くないのよね。 友達とはあまり話が合わないし。
 そうなんですか。
 こないださぁ。 『花子ちゃんのパパって何してる人?』って聞いたら、『サラリーマン』って言ったから、『サラリーマンってどんな風に変身するの? 地球上で何分戦えるの?』って聞いたの。 そしたら花子ちゃん、まるでバルタン星人と道でバッタリ出会ったみたいな顔してアタシを見たのよね。
 そりゃ、そうでしょうな。
 やっぱアレかしら?サラリーマンって、サラリーマン・エースとかサラリーマン・タロウとかいるのかしら?
 お嬢様。 なおさら学校に行って勉強した方がよろしいかと。
 冗談よ、爺や。 上流階級ジョークってのが分からないかなぁ。
 そんなジョークを聞かせるために爺やを呼んだのでございますか?
 いや実はさぁ。 退屈で退屈で。 なんか面白いことないかなあって。
 バカ殿様のコントの最初のセリフみたいなことをおっしゃいますね。 ならばお嬢様。爺やと一緒に出かけましょうか。
 どっか連れてってくれるの?
 そうですな。 しいて申し上げるなら動物園とでも申しましょうか。
 動物園かぁ、そういや久しぶりね。 うん、行こう行こう。 で? どこの動物園?
 髑髏(ドクロ)島でございます。
 ああ、『お仕置きだべえ~』ってやつね。
 それはドクロベエでございます。 爺やが申してるのは“トウ”です。 島なのですよ。
 聞いたことないわね。
 最近NASAが発見した島なのですよ。 そこで調査隊が組まれることになってですね、それに同行しようかなと。
 なるほど。 天然のサファリパークってことか。 どんな動物がいるか、楽しみだわ。

 ではさっそく参りましょう。 現地集合ということですので。 自家用機でピュッと。

358653_014.jpg 
 爺や、これは何の騒ぎ? えらく物々しいじゃないの。
 何がいるか分からない所ですからね。 人畜無害な生物ばかりとは限りませんので。 気にせずに参りましょう。
 ちょっと待って、爺や。 ロキがいるわ! また悪さしに来たのかしら。 ソーを呼ばなきゃ!
 落ち着いて下さい。 ロキはTシャツ着ませんし、ライフルも持ちませんよ。 彼は調査隊に雇われた元SASのエージェント、ジェームズ・コンラッド(トム・ヒドルストン)です。
 じゃあ、後ろにいる女の人はキャプテン・マーベルじゃなくて?
 彼女はメイソン・ウィーバー(ブリー・ラーソン)といって、記録係として加わったカメラマンですね。
 ややこしいわね。

 ややこしくはないと思いますが。

358653_009.jpg 
 爺や! ニック・フューリーもいるわ。 なんなの、このマーベル色満載の状況は?
 お嬢様、よく御覧下さい。 彼がニック・フューリーならアイパッチをしてるでしょうに。 彼は調査隊の輸送を請け負っているアメリカ空軍第3攻撃ヘリ部隊の隊長、プレストン・パッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)です。
 なんかすごいピリってるわね、この人。 なんか嫌なことでもあったのかしら?
 この島に来た途端にヘリが巨大なサルに叩き落とされて、部下をたくさん失ったそうです。 今、彼の頭の中は部下のカタキ打ちで一杯なのでございます。
 巨大なサルって何よ?

 それこそがここのメインの見もの。 のちほどのお楽しみでございます。

358653_026.jpg 
 爺や! 出たわ! 未知の生物よ!
 お嬢様、それは人間ですよ。
 メフィラス星人かと思ったわよ。 レディの前でラーメンとかの汁もの食べたら引かれるわね、そのヒゲ。
 彼はハンク・マーロウ中尉(ジョン・C・ライリー)という元米軍人です。 太平洋戦争中に乗っていた戦闘機が髑髏島に墜落し、先住民のイーウィス族に救われて28年もの間、この島で暮らしていたのです。
 ちょっと待って爺や。 太平洋戦争から28年って、今は何年?
 1973年でございますが。
 爺や。 それだと今までの私たちの会話。設定上いろいろと都合が悪くない?
 そんなの気にしてたら、ブログなんか書けませんよ、お嬢様。 ワーハッハッハ。
 何がおかしいのよ。 ・・・ブログってなんのこと? まあアタシだって気にしないけど。


monster-sker-buffalo.jpg 
 これよ! これこれ! こういうのが見たかったのよ!
 スケル・バッファローですね。 この島では比較的おとなしい生き物です。 驚かせなければ暴れたりはしません。
 コンセプトはアフリカバッファローね。 角の先が三つに分かれてるのがクールだわ。
 「バファローズ」と言わずに「バッファローズ」って言ったら、オリックス・ファンに怒られるって御存じですかな?
 それ、なんか関係あんの?


skull-2.jpg 
 イヤーッ! クモは苦手なのよ。
 バンブー・スパイダーは、異常に長い脚を竹に擬態できるので竹林にまぎれるようにして獲物を待ち構えています。
 脚踏みして獲物を串刺しにしようだなんて、もはや人間はタコ焼き扱いね。
 いやむしろ、アユの塩焼きでしょう。 またはシシカバブ。
 どっちでもいいわよ。


hqdefault_20170409014316350.jpg 
 なんだかワケわかんなくなってきたわ。 こんなのギレルモ・デルトロの世界よね。
 ナナフシの仲間で、名前はスポア・マンティス。 朽ちた倒木に擬態するというアートのセンスを持った生き物ですね。
 シュールすぎるわ。 巨大な牛、巨大なクモ、巨大なナナフシ。 別にいいけど、もう少しさぁ、"デカくしましたシリーズ"から離れられないかなあ。

 わたくしに申されましてもねえ。 では、こういうのはいかがでございましょう。

358653_019.jpg 
 いいんじゃな~い。 こういう怪獣っぽいのを見ないとこんなとこまで来た甲斐がないわ。
 スカル・クローラーと申しまして、数メートルほどの大きさなんですが、30メートルを超す親玉がおります。
 どう見ても温厚ではないわね。
 凶暴でございますよ。 人間のような小さな獲物は長く伸びる舌で捕食するんですね。 動きも案外に素早いので気をつけないといけませんよ。
 なんか空飛んでるけど、これって飛べるの?
 あれはまた別のモンスターです。 サイコ・バルチャーというプテラノドン系の翼竜です。 油断してたら空から来ますので、捕まったらアウトです。
 急にデンジャラスなムードが高まってきたわね。

 それではこの髑髏島の真打ちにご登場願いましょうか。

Kong-Skull-Island-Full-Movie-Review-Showtimes-San-Francisco.jpg 
 爺や、また"デカくしましたシリーズ"じゃないの。 巨大なサルってこれ?
 お嬢様、キングコングでございますよ。
 知ってるわよ。 映画とかで何回も観たし。 遠いところまで来たのにメインがこれかあ。
 喜んでいただけると思ったのに、まさかのリアクションですな。
 いやいや。 サルじゃん。 なんか火ぃ吹いたり、光線出したり、トランスフォームしたりするようなファンキーなモンスターとかを期待したんだけどなあ。
 動物園に行くって、最初にお断り申し上げましたが。
 そうよね。 まあいいわ。 キングコングの実物見るのも貴重な経験だし。 それよりさ、デカすぎない?

51.jpg 
 31.6メートルありますからねえ。
 同じ類人猿でしょ。 遺伝子的に有り得なくない?
 いやいやお嬢様。 古代の生き物はみんな不思議と大きいのですよ。
 でもナニ食って生活してるのかしら。 木の実とかそこらへんの小動物や魚をちょっと食ったって満腹にならないわよ。 この島だけで暮らせる? 食料全然足りないじゃん。
 あまり運動らしい運動をしないから小食で済むのでございましょう。
 確かに小さい島じゃジョギングにもならないし、筋トレになるような重さの物もないし。 いやあ、それにしたってねえ。 一日で人間の十数倍カロリー摂らなきゃいけないのよ。 無理でしょ。
 お嬢様。 そういうツッコミはどうかお控えくださいまし。
 ハイハイ。 なんだろうと現にこうして目の前にいるんだもんね。 これでいい?
 けっこうでございます。  それではお嬢様。 ここで爺やが過去のキングコングについて一口レクチャーさしあげましょう。
 いや別にいいわ。
 いいわじゃなくて、爺やがやりたいのですよ。

 テンション上がってるわねえ。

King_Kong_versus_Dinosaur.jpg 
 1933年の「キング・コング」でございます。 映像は人形を使ったストップモーション・アニメだったのですよ。
 当時なら精一杯でしょうね。
 それでもですね、公開当時、映画会社に「あんな生物が本当にいるのか」って電話が殺到したのですよ。
 それは凄いわね。
 円谷英二やレイ・ハリーハウゼンにも大きな影響を与えた名作です。 ヒロイン役のフェイ・レイという女優さんがやたらにキャーキャー叫ぶ人で、その後に出た映画も叫ぶ役ばっかりだったとか。

 絶叫女優のハシリって訳ね。

The-King-Kong-Show-Bobby-Bond.jpg 
 アニメじゃないの。
 昔やっておったのですよ。 爺やが子供の頃よく観ておりました。
 ずいぶんフレンドリーな表情のコングね。
 完全にヒーローという形で描かれておりましたね。 主題歌がいいんですよ。 「ウッホー、ウホウホ、ウッホッホッホー」で始まるんですがね。
 歌わなくていいわよ。
 ♪大きな山をひとまたぎ キング~コングがやってくる 恐くなんかないんだよ~♪
 だから歌わなくていいって。
 ♪キング~コングは友だちさ 火山も津波も恐竜も~ キ~ングコングにゃかなわない♪
 勘弁してったら。
 ♪戦えキ~ングコ~ング ぼくら~の王者~♪  ご清聴ありがとうございました。
 ご清聴してませんけど。


422d0add6a76e9d8e504b5f929d9b5c7.jpg 
 1962年に東宝が製作した「キングコング対ゴジラ」です。
 なんだか作り手の迷いが出てるのをヒシヒシと感じさせるコングだわね。
 これはですね、権利を持っているアメリカの製作会社があれこれ注文をつけたからなんですよ。 莫大な名称使用料を払ったにもかかわらず、特に顔はオリジナルと違うものにしろと要求されたもんで、何回も作り直したらしいですよ。
 それにしたって、近所のおじいちゃんみたいな顔した赤毛のコングってさぁ。
 それでもゴジラとの夢の対決の映画ですから、すごくヒットしたんですよ。


ROB12c.jpg
 これも名作ですね。 1976年のジョン・ギラーミン監督作の「キングコング」です。 確か正月映画でしたね。
 やっぱり30年時代が進んだら、けっこうなクオリティね。
 当時はアニマトロニクスが話題になりましたが、実際はそんなに多くのシーンでは使われていないんですよ。 リック・ベイカーが着ぐるみ着て演じているのが大半だったとか。
 でも、CG使わずにやった部類なら全然いいデキよ。
 ヒロインのジェシカ・ラングのオッパイがポロッと出るシーンがありましてねえ。 今の時代ほどエロに対して免疫のなかった当時の青少年はそれもう喜んだのなんの。
 若かった頃の爺やも?
 ええもちろん。 パンツの中のマイ・キングコングがウッホウッホと元気に・・・

 だまれ。

321603view002.jpg 
 2005年のピーター・ジャクソン監督の「キング・コング」です。
 これはアタシも観たわよ。 すっごい面白かったわ。
 期待されたほど興行成績は振るいませんでしたがね。 作品の評価自体は高いのですが。
 やっぱCGの凄さが抜きん出てたわよね。
 身長が7.6メートルとキングコング映画の中では最もチビなコングなんですよ。
 キングコングって正確な身長設定はないの?
 みんなマチマチなんでございますよ。 33年版は15.2メートルで、76年版は16.8メートル。 最も大きいのは「キングコング対ゴジラ」の45メートルです。

 こういうのもご紹介しておきましょう。

queenkong1.jpg 
 なんていうか、悪い夢を見てるような映画よね。
 イギリスで1976年に製作され、日本では四半世紀後の2002年に公開された「クイーン・コング」でございます。
 パロディ映画だからいいんだろうけど、それにしても想像を絶するヤッツケ仕事の映画だったわ。

 多分、大半はどこかの公園で撮影したんでしょうな。 微笑ましいというか、涙ぐましいというか。

09bf92b97ec416d5e97607a1749fcf48.jpg 
 これは1967年の東宝の「キングコングの逆襲」に登場したメカニコングでございます。
 顔がドンキーコング寄りって感じよね。
 ドンキーコングの方がずっとあとでございますがね。 でもこのビジュアルはアメリカ側のデザインとはいえ素晴らしいと思いますね。

 確かにね。 メカ怪獣の元祖としての影響力が大よね。


358653_001.jpg 
 髑髏島のキングコングはパワーの誇示がこれでもかって感じよね。
 人間なんかホコリをサッと払うかのように叩き飛ばされますからね。 パッカード大佐をコブシでドーンと叩き潰すとこなんか、人間なんぞもはや虫みたいな扱いですな。
 でも相変わらず女性には優しいわね。
 フェミニストなんでしょうな。 それか、物凄いドスケベのどちらかでしょう。
 昔の映画からしてそうだけど、人間の女性を手で握ってつぶれない加減を、まるで最初から知っていたかのようだもの。 レディへの心遣いができてるのよ。

 男なんか容赦なく指一本でハジかれますからね。

kong-skull-island-kong-destroys-helicopters-and-kills-skull-crawlers.jpg 
 スカル・クローラーの親玉である“スカル・デビル”との死闘がまたすごい迫力ですなぁ。
 案外強いじゃないの、このトカゲっぽいの。
 過去にコングの種族を食いまくって全滅させたほどですからのぉ。
 どちらも巨体なのに、よくこれだけチャカチャカ動き回れるもんだわね。 それに今度のコングは比較的知能が高いわね。
 道具を応用的に使うという概念は人間なみのようですね。

 オエ~ッ・・・最後の倒し方がキモいっ!

358653_013.jpg 
 日も暮れてまいりましたので、そろそろ帰りましょうか、お嬢様。
 楽しかったわ、爺や。
 満足いただけて何よりでございます。
 花子ちゃんへのいい土産話ができたわ。 動物園に行ったら、大きなお猿さんが人間をつぶしたり、放り投げてたって話。 これなら花子ちゃんとも会話がはずみそうよ。
 お辞めになった方がよろしいかと思いますが、お嬢様。
 なんだったら今度はゴジラ見たいわよねえ。 ゴジラとキングコングが戦うところ。
 お嬢様、あと3年ほど辛抱なさいますと、それも御覧になれますよ。
 マジで?
 「Godzilla vs Kong 」。 2020年公開に向けて鋭意製作中でございます。

 なに、製作中って?

358653_024.jpg  
・・・と、いう訳で。
この映画、2019年公開予定の「ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ」というレジェンダリー・ピクチャーズの超目玉大作の前フリだということがエンドロール終了後のワンシーンで判明する。

「キングはコングだけではない」
髑髏島の洞窟の壁画に描かれてるゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンらしき・・・いやいや、らしきじゃなくてズバリそうなんでしょうよ。

今回のキングコング映画が、従来の「美女と野獣」のコンセプトのようなストーリーではなく、髑髏島から舞台を移すことなく展開するモンスター・アクション・ムービーにしてあるのは、これから続いていくUSA版ゴジラ・サーガへの布石。


B級ギリギリのノリだけれど、こういうキングコングもいいのではないか。
一寸の虫にも五分の魂があるなら、一寸の人にも五分の魂があろうというもの。
しかし敵怪獣のみならず、お情け無用に人間をケチョンケチョンに殺戮するキングコングの姿。 あえて過去作を否定するかのように、人間と同じ扱いを拒んでのモンスターとしての矜持をみせたところがいさぎよい。

358653_023.jpg 


「賢人のお言葉」
 
「いちばんの獣がいちばん賑やかなところに住んでいる。」
 バルタザール・グラシアン
スポンサーサイト

わたしは、ダニエル・ブレイク | トップページへ戻る | 他にもこれ観ました  ~3月編(下)

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

オハラハン

Author:オハラハン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも一覧

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02