FC2ブログ

トップ  >  感想  >  ザ・ゲスト

ザ・ゲスト
2014年11月23日

T0019491p.jpg 自分の家に突然訪ねてきた見ず知らずの他人。
「どうぞ上がって下さい。」と、気安く家の中に招じ入れることはまずない。

アッシはそれでなくとも、知人であろうと「他人を自分の住まいの中に入れたくない派」である。
ましてや、アポなしで来て、「遊びに来たよ。 中に入っていい?」などというのも言語道断、横断歩道。

当然の社交と思い違いをして、他人の住居というテリトリーに侵入してくることに引け目を感じない相手は苦手中の苦手。
事前に一言もなく、人の家を訪れる理由に、「いい理由」はない。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
アフガニスタンの戦場で長男を亡くした家族の元に突然やってきた、「長男と戦友だった」という男。
家にしばらく滞在することになった男は、そのたくましい人柄から好感を持たれて家族の信頼を得て行く。
だが、その男は、驚くべき正体を隠していた。

「サプライズ」、「V/H/S」シリーズのアダム・ウィンガード監督が放つ、アンノウン・サスペンス・スリラー。
◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎

ニューメキシコの小さな町に暮らすピーターソン一家。
両親と子供三人の家族だったが、長男のケイレブはイラク戦争に出征し、アフガニスタンの戦場で死亡した。
家族の誰もがケイレブの戦死から受けた心の傷から立ち直ろうとしていた矢先のこと・・・
350232_002.jpg 
ピンポ~ン
ごめんくさい、これまたくさい、あ~くっさ。
あ~これはこれはどうも奥さん。
いきなりチャーリー浜のギャグをかまして失礼しました。
えっ?知らない? チャーリー浜ですよ。 「君たちがいて、僕がいる」とか・・・知りませんか。 そうですか。
あっ、申し遅れました。 僕はデイヴィッドと言います。
奥さん・・・いや、ケイレブのお母さんですね。
そうです。 僕もアフガニスタンに行ってました。
ケイレブのことは、本当に残念でした。
どうぞ、お力を落とされませんように。
ええ、そうなんですよ。 さっきアフガニスタンから帰ってきたばっかりなんですよ。
ケイレブのご家族の皆さんに一刻も早く会いたくて、まっすぐこちらに向かいました。
ええ、バス停から走ってきました。 いや、そんなに遠くはなかったですが。
あっ、お邪魔してよろしいですか。 そうですか。 ではお言葉に甘えまして。
danstevenspic.jpg

僕は戦地で背中を撃たれて負傷して今まで入院してました。
それで除隊になって。 
どうしても、ご家族の皆さんに伝えねばならないことがありまして。
ケイレブが皆さんに「愛してると伝えてくれ」と。
本当にあいつはいい奴でした。
 
ああ、この写真。 撮ったのを覚えてますよ。
ケイレブの隣りに映ってるのが、ほら、これが僕ですよ。
えっ?今日ですか? ホテルの方へ泊りに帰りますが。
いやいや、そんな甘えるわけには。
・・・そうですか? 奥さんの気持ちがほぐれるなら、いくらでもケイレブの思い出話を聞かせましょう。

p02.jpg
やあ、君が娘さんだね。 僕はデイヴィッド。よろしくね。
えっ、アナって言うのかい? そう言えば今年、随分流行ったよね。
いや、「アナ雪」だよ。 観てないの? まあ、映画を観てる気分じゃないか。
お兄さんのことは残念だった。
僕は君にあんまり歓迎されてないようだね。
お兄さんのことを思い出してしまうからかな。
人それぞれの立ち直り方があるからね。
これからバイト? それともカレシとデートかな?
あまり遅くならないようにね。

p05.jpg
これはこれは御主人、お邪魔してます。
そんなに怪しまれても困るんですけど。
まあ、わかりますよ。 息子さんが戦死して、生き残った他人が家の中に上がり込んでたらいい気はしませんよね。
僕も配慮が足りませんでした。 明日になったら出て行きますので。
えっ、ビールですか? いや、僕は遠慮しときます。
お仕事忙しそうですね。 もうじき昇進も近いんですって? それは良かったですねえ。
は? ビール? いや、だからさっき・・・まあいいか。 じゃあ遠慮なくいただきます。
御主人は筋金入りのビール党ですね。

p03.jpg
やあ、弟のルーク君だね。 僕はデイヴィッドだ、よろしくね。
君、顔色良くないな。 ちゃんとメシは食ってるのか?
部屋にこもってパソコンとニラメッコばっかりしてちゃいけないぞ。
それともエロ本見ながらマスばっかりかいてんだろ。
マスのかき過ぎは体に良くないぞ。
たまには外に出て、ストリーキングでもやったらどうだ?
おもしろいぞ。 オマワリさんが鬼のような顔でスッ飛んでくるからな。

・・・・・・翌日。
The-Guest.jpg
やあ、ルーク。 いつもはママが迎えに来てくれるが、今日は僕がその役目だ。
学校はどうだった? 楽しかったか? そうか。そいつは何よりだ。
ところで。 その顔のアザはどうした?
アメフトのボールが当たった? そりゃ災難だったな。
で? 相手は何人だ?
ルーク。 アメフトのボールはどうでもいい。
君を殴った奴はどいつだ? 君は学校でいつもそんな目に遭ってるのか?
今、車に乗って出て行った、あの3人組がそうか。
じゃあちょっと、あとを付いて行ってみるかな。
別に何もしないさ。 ・・・・・・・
おやおや。 高校生の身分で酒場に出入りとは世間も心が広いな。
じゃあ、俺たちも入ってみよう。
the-guest-movie-11.jpg

ルーク。何を飲む? ドンペリはナシだぞ。
オコチャマはヤクルトでも飲むんだな。
僕はファイヤボールのタバスコ入りだ。 飲んでみるか? 口ん中がお祭り騒ぎになるぞ。
向こうのテーブルにいる君のお友達にカクテルをおごってやるか。 さて、どんなリアクションをするやら。
そうら、おいでなすった。
ほほぉ。 おごってもらった大人に酒をぶっかけるとはいい度胸だ。
じゃあ、こっちも遠慮なく。
腕を折り~の。 アゴを砕き~の。 鼻をつぶし~の。
坊やたち。 早くお家に帰って宿題でもするんだな。 あ~、その前に病院か。お大事に。
それから、店の御主人。 そこらへんのモノを壊してしまって申し訳ない。
警察に電話するならすればいい。 高校生に酒を振る舞うサービス満点のお店なら、オマワリさんからお褒めの言葉をもらえるぞ。 
いいか、ルーク。 弱い者いじめをするような奴に遠慮はいらん。
そんなクソ野郎に君は負けるんじゃないぞ。
そういう奴は徹底的にブチのめして、家に火をつけて焼き殺してやれ。

rs_560x415-140710100625-1024_Dan-Stevens-Shirtless-The-Guest_jl_071014_copy.jpg
お先にお風呂いただきました~
いやあ、いい湯だったなあ。 極楽極楽。
おっと失礼。 レディの前で見苦しい体を見せてしまって申し訳ない。
でもギャランドゥは、ちゃんと処理してるからね。
ホントだよ、アナ。 見てみる? 見ないか。 そりゃそうだな。
今、アナは部屋で何をしてたの?
フェイバリット・ソングのマイCDを作ってたのかぁ。 今度僕のも作ってほしいな。
えっ、カノジョ? いないよ。
君のような恋人がいたら、中東まで撃たれに行ったりはしなかったんだけどな。
今度一緒にクラブに? ああ、いいいよ。

28_08_14_2_nts.jpg
ああ、御主人。 お帰りなさい。 お勤め御苦労さまです。
お風呂になさいます? それともビールですか? ですよね。
じゃあ一緒に飲みましょう。
おや、どうしました? 会社で嫌なことでも?
ははぁ・・・自分より入社があとの若い奴が学歴が上という理由で、御主人よりも先に昇進しちゃったんですか。
そりゃお気の毒です。 なおさら今夜は飲まなきゃ。
でもね、御主人。 心配いらないと思いますよ。
昇進した、その若造はまもなくこの世から消えますよ。
自殺か事故かで。 そうだな・・・愛人と心中っていう手もあるな。 あ、いやこっちの話。
そいつが死んだら、当然ポストが空いて御主人はめでたく昇進って訳だ。
そうだ。話は変わりますがね。 ルークが学校でケンカをしちゃいました。
いじめっ子からチョッカイを出されたんですが、カマっぽい校長はルークだけを退学にしようとしやがりました。
でね、僕は優しく忠告したんです。
「これは憎悪犯罪ですよ。」って。 マスコミは好きですからね、こういう学校の不祥事ネタは。
ヘイト野郎を脅すぐらいは屁でもありませんよ、ハハッ。

1407781768851_wps_3_The_Guest_2_jpg.jpg
「ルーク。 ハロウィンのかぼちゃのランタンを作るのってどうやるんだ?」
「底を丸く切り抜いて、中身を全部取り出すんだよ。」
「そうか。 しかし、この包丁は使いづらいな。 マイ・ナイフを使うとしよう。」
「いっつもバタフライ・ナイフなんか持ち歩いてんの?」
「変か?」
「変だよ。 そんなことよりデイヴィッド。 ちょっと相談があるんだけど。」
「なんだ? あ~わかったぞ。 早めに学校に行って好きな女の子の机に頬ずりでもして先生に見つかったんだろ。 この変態野郎め。」
「ちげーよ! そうじゃなくて。 前にさ、マスのかき過ぎは体に良くないって言ってたじゃん。 あれって、どう良くないの?」
「体質が脂っこくなって肌に良くないし、将来は頭髪にも影響が出るぞ。 成長も早目に止まるしな。」
「ホントかなあ?」
「何もマスをかくなとは言ってない。 かき過ぎは良くないということだ。 俺の知ってる奴にな、中学時代、間を置かずに連続で何回かけるか挑戦した奴がいる。 さすがに7回目までかいた時はチンコが紫色に腫れあがって、本人は相当焦ったそうだ。」
「そいつ、バカじゃねえの?」
「ああ、バカだな。 天文学的なバカだ。 そいつは今大人になって、映画のブログをせっせと書いてるらしい。」

02_201411212329490f7.jpg 
クレイグさんって、おっしゃいましたかね?
ヤクでもハジキでもなんでも調達するって。
で?頼んでたモノは手に入りました?
ああ、どうも。 お手数をかけましたねえ。
いやあ、たくさん銃があるなぁ。
おおっ! アップル手榴弾まであるじゃないか。
気に入ったよ。 これ全部もらうよ。
う~ん。 やっぱM29の握り心地はサイコーだね。
じゃあ、アンタはここでサイナラだ。
聞こえなかったか? アンタはここで死ぬんだよ。

350232_003.jpg
「お姉ちゃん、デイヴィッドがね、マスのかき過ぎは良くないって教えてくれたよ。」
「うっさいわね。 今それどころじゃないのよ。 あのデイヴィッドって男、超あやしいわよ。」
「どこが? いい人だと思うけどなあ。」
「私ね。 国防省に電話して聞いたのよ、彼のこと。 確かにデイヴィッド・コリンズは兄さんと一緒の部隊にいたわ。 でもね、彼は公式的には死んでるのよ。」
「なにそれ?意味分かんないよ。」
「クラブによく来てたクレイグって売人がいたんだけど、死体で見つかったのよ。 それで捕まったのは私のカレシよ。 車にDNAが残ってたとか何とかって・・・。 絶対にデイヴィッドにハメられたのよ。」
「何かの間違いだよ、きっと。 僕はデイヴィッドのことを信じるよ。」
「バカな弟を持つと苦労するわね。 アンタはお家に帰ってマスでもかいてなさい。」
「そればっかり言うなよ~」
「アンタが言ってんでしょうが!」

guest1-copy_preview.jpg

長男を戦場で失い、傷心の家族のもとを訪れた男。
彼は母親や長女の心の傷を癒し、次男をいじめる不良を痛めつけ、父親に昇進の"好運"を運んでくる。
さわやかなイケメンであり、控えめとは言わずとも、強引ではなく、前向きで自信に満ちた言動も自然体。
実に好人物で、当初は半日だけの滞在が、すっかり家族になじんで日々を重ねていく。
だが、彼は何ごとに対しても自分や他人に厳しい一面をのぞかせ、「努力する」ということを重要視する。
そして時に、ニコニコしていたかと思うと、フッと虚空を睨むように凶悪な表情を 見せるのである。
果たしてこの男は一体何者なのか?

ストーリー中盤から、その正体は薄々分かってくるのだが、後半からはとんでもない修羅場と化す展開こそが一番のサプライズだ。
それまでの静かでいてサスペンスフルな心理ドラマは、男の正体が判明した瞬間から、一転してカラーを変える。
個人的に想像していたのは、ストーリーの時節設定がハロウィンなので、「死んだ人間が他人を装って家族に会いに来た」のでは?・・なんてホノボノ話を勝手に想像してたが大ハズレ。
ホラーでもあり、ディザスター・ムービーでもある、その地獄描写は全く容赦なし。
監督のアダム・ウィンガード ・・・・えげつない男だ。

F3w9H.jpg
謎のゲスト、デイヴィッドを演じたのは、ダン・スティーヴンス。
オットコマエでやんしょ?
しかし、御婦人がた、残念! もう奥さんも子供もいるよ。
TVや舞台を中心に活躍しているイギリス人俳優だそうで、来春公開の「ナイト ミュージアム / エジプト王の秘密」にも出演しているらしいので要チェケだ。


「賢人のお言葉」
 「珍客も長居をすれば嫌がられる。」
 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
スポンサーサイト



6才のボクが、大人になるまで。 | トップページへ戻る | エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

オハラハン

Author:オハラハン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも一覧

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02