FC2ブログ

トップ  >  感想  >  鉄男 THE BULLET MAN

鉄男 THE BULLET MAN
2010年05月30日

出煮色先生と映子ちゃんの会話。

映子(以下・映):「でにいろセンセー、質問~」

先生(以下・先):「はい、何でしょう、映子ちゃん。」

映:「「鉄男」って鉄道オタクが電車止める映画ですか~?」

先:「全然違いますよー。」

映:「あっ、わかった。金八やってる人?」

先:「それは鉄矢やろ!わざと言うとんのか。」

映:「ジョーク、ジョーク。男の体が突然、鉄に蝕まれていく映画でしょ?」

先:「そうそう。89年に塚本晋也監督が発表した伝説的カルトムービーですね。」

映:「今、続編が公開されてて観てきたよ。」

先:「正確には3作目で、続編ではなく、モチーフは同じでも新しいストーリーなんだよ。」

映:「でもなんかさ~、ノイズミュージックかなんか知らねえけど音うるさいし、カメラはシャカシャカ動いて酔いそうになるし、アタシ的にゃパスね。」

先:「まあ女子向きじゃないわな。体が鉄に侵蝕されて銃器と化すという表現も、それはそれで深~いメッセージがあるんだけどねえ。 人間性を失わせる科学の盲信とか、感情ひとつで世界が終わる戦争の恐怖とかさ、いろいろな解釈ができるし・・・」

映:「ZZZ・・・ムニャ。」

先:「寝てたんかい!」

映:「でも基本的には音響もカメラもおんなじじゃね?1作目ほどインパルスないし。」

先:「インパクトだろが! 確かに猛烈なコマ撮りとかドリルチンコは衝撃やったしなあ。それと比べるとなあ。」

映:「×マークのおじさん、また出てきたね。」

先:「通称“ヤツ”。塚本晋也監督自身が演じてるぞよ。」

映:「えっ!? アタシてっきりパンクブーブーのメガネじゃないほうの人と思ってたよ。」

先:「そんな訳ないやろ!怒られるぞオマエ。」

映:「へえへえ。お詫びに賢人のお言葉をどうぞ。」

 「怒りは奇妙な用法を有する武器である。他のすべての武器は、人間がこれを用いるものだが、この武器はわれわれを用いる。」  モンテーニュ


スポンサーサイト



座頭市 THE LAST | トップページへ戻る | レギオン

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

オハラハン

Author:オハラハン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも一覧

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02