FC2ブログ

トップ  >  感想  >  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
2012年12月09日

「オバケのQ太郎」
 原作は藤子不二雄。
 卵から生まれたオバケで、大原家に居候し、小学生の正ちゃんと仲良し。
 ドジで大飯食らい。 犬が大の苦手。
妹の名前はP子。 弟はO次郎。

 はい?なんですか?
アッシは今、ブログを書くのに忙しいんですから邪魔しないでください。
えっ?・・・ヱヴァQ?
いや・・・、オバQでしょ?
オバQじゃなくって? ・・・ヱヴァQ?
え~・・・今さらそんなこと言われても・・・。

T0010725p1.jpg 
 というわけで。
お断りしておきますが、マニアックなレビューでしたら、どうぞ他を当たってくださいましね。

 
 いやいや、これはブッたまげましたねえ。
ここにきて、今までとはセットインがガラッと変わってしまいました。

 「破」のラストでMark.06の放ったカシウスの槍に貫かれて停止した初号機。
当然「Q」はその直後からストーリーが始まるものと思っていましたが。
まさか、まさか、「14年間」ものプロセスをぶった切っての急転回。

 3号機の機動実験が使徒の寄生により、アスカがワヤになりましたが、エンドロール後の「予告編」で、アイパッチながら元気なアスカがチラッと出てきたので安心はしておりましたが、「Q」のオープニングからいきなり、いつもの調子のアスカ登場!
それも、マリとコンビを組み、地球上空の衛星軌道上でなにやら大仕事。

 「初号機の回収」?
十字架のような形状の物体をどうにかしようってカンジ。
その物体からテープ状のヒラヒラが飛び出す。
使徒? えっ、ちがうの? なんなの?
いや、そもそもアスカマリは何をしてるの?

 「???」の思いの中で、話がドンドン進む。
初号機と共に回収されて目覚めた碇シンジの耳目を観客も共有してのお付き合い。
なんせシンジ君がオネンネしてるうちに14年たってましたという、ブッたまげの状況ですから、説明を欲する気持ちはシンジ君も我々もみな同じ。
 「なにがなんだか、わかんないよーっ!」 まったくだ。 

imagesCAWXKDEN.jpg 
「ヴィレってなんなんだよーっ!」
 
ネルフにケンカを売り、エヴァ殲滅を目的に結成された組織だべえ。
AAAヴンダーを筆頭にした数十隻もの大艦隊とエヴァ2号機及び8号機を主戦力としてるだべえ。 

imagesCAWXKDEN.jpg 
「AAAヴンダーってなんなんだよーっ!」
 
ヴィレが擁する戦略ベースも兼ねた巨大戦艦だべえ。
らせん状の船体とツインエンジンの両脇から翼を広げた、しぶいフォルムだべえ。
エヴァ初号機をメインエンジンとして組み込んでるだべえ。
艦長は葛城ミサト大佐だべえ~。 

imagesCAWXKDEN.jpg 
「えっ?ミサトさんが?」
 
副長は赤城リツコ。 整備長は伊吹マヤ。 青葉さんや日向さんもオペレータとして乗りこんでるだべえ。
あとはいろんなニューキャラがおるが、そのうち追々慣れるだべえ。

「それはそうと、あなた、もしやドクロべえさんでは? タツノコプロの方はご遠慮していただいたほうが。」
 
なんのことやら、さっぱりわからんべ。 妙な言いがかりをつけるなら、お仕置き・・・いや、なんでもないべえ。 では、さらばだべえ~。
「・・・・・・、まあいいか。」


 
14年という長いオネンネからお目覚めで浦島太郎状態のシンジ君
ミサトさんもなぜかノリが悪い。
ヴンダーが敵襲を受けている状況で、テンパリ中のシンジ君は叫ぶ。
「僕をエヴァに乗せてくださーい!」
すると葛城艦長はゾッとするような暗く冷たい目をしながら言う。

「あなたは何もしなくていい。」

 おおおおおおお・・・・
男子が女子に言われて、これほど傷つく言い草はない。
心にグサーッとロンギヌスの槍が突き刺さり、しばらくは立ち直れない禁句中の禁句だ。
2012_1207_210540-DSC00425.jpg 
 たとえば。
 料理中の奥さんに対し、ブキッチョなダンナがいいところを見せたくて、「僕も何か手伝おうか?」と言うと、奥さんが暗い目で言い放つ。
「あなたは何もしなくていい。」  ひでぶっ!
 たとえば。
 仕事でミスをしたサラリーマンが、女性上司、いや女性の同僚にでもいいのだが、「ごめん。今度はちゃんとやるから。」とか、「もう一度チャンスをください。」と言った直後に暗い目を向けられて・・・
「あなたは何もしなくていい。」  あべしっ!

 想像するだけで背筋が氷河期に叩き込まれるリアクションで応じられたシンジ君は相当に凹む。
いや、それ以上にとんでもない真実を聞かされて、痛々しいほどにうろたえる。

 「破」のラストで食い止められたと思ってたサードインパクトが実はきっちりと発動してたというじゃあ~りませんか。
 第10使徒に零号機ごと捕食された綾波レイを救いだす際、擬似シン化第2形態となった初号機がサードインパクトのトリガーとなってしまったんだとか。
よって、ネルフとヴィレ以外の人類は全滅という、「やってもうた」では済まされない大惨事。
あ~あ。知~らんぞ、知~らんぞ。 
imagesCAWXKDEN.jpg 
「僕は綾波を助けようとしただけじゃないかーっ!」
わかった、わかった。

 たとえば。
 道路に飛び出した子猫ちゃんを救おうと、自分も道路に飛び出したら、急停車した車が玉突き衝突事故を起こして、多数の死傷者が出た・・・みたいなもんですな。
「僕は子猫ちゃんを助けようとしただけじゃないかーっ!」
 
法律上どうかは知らないが、玉突きとは比較にならないサードインパクトの張本人として、シンジ君は気の毒に罪人扱い。
 忘年会シーズンのこの頃、「こいつに酒呑ましたらあかん。」といじられる人同様に「コイツをエヴァに乗せたらあかん。」と白い目にさらされるシンジ君

「シンジ君、どこ?」
綾波の声がする。 ヴンダーにアポなしの殴り込みをかけてきた零号機にホイホイけつを振るシンジ君
ヴンダーに医官として搭乗している鈴原サクラ少尉(トウジの妹!)が叫ぶ。
imagesCA3SYREZ.jpg 
「エヴァにだけは乗らんでくださいよーっ!!」
(声は沢城みゆき嬢ですね)
ああ・・・サードインパクトでトウジも死んじまったのか。
これでエヴァにまた乗ろうもんなら、シンジ君は鬼ですばい、よっぽどのスカポンタンですばい。
・・・・・乗るんだよな・・・バカシンジは・・・。


 なんとか背景はつかめた前半。
そして、ミサトの警告をシカトしてネルフへと戻ったシンジ君
御父君のゲンドウ冬月さんアヤナミレイ(仮称)渚カヲル
ほぼ廃墟のようなネルフ本部にはこの4人のみ。

相変わらずのゲンドウパパ・・・
冬月さんがお母さんや人類補完計画のことを教えてくれ・・・
自分が救いだしたはずのレイはもういないことを知る・・・
自分のことをおおらかに受け入れてくれる少年カヲルにほだされて、世界の再生のためにエヴァ13号機に乗り込む・・・
 果たしてセントラルドグマでシンジ君が見たものとは・・・?

 
eva3_still05_large_20121207223951.jpg
「いくつになっても甘えんぼ、いくつになっても甘えんぼ」 by寛平師匠
 ウジウジ、グズグズ、ジメジメ、モヤモヤ・・・
今作は輪をかけて、ネガティヴさがアップ。
人に認めてもらいたい承認欲求を露わにしたり、排他的に引きこもったりを繰り返す、めんどくさい男。
カヲル君にピアノの連弾を通じて、チヤホヤされちゃって。
顔赤くしてんじゃねえわ。
で・・・また同じ過ちを繰り返す。
しっかりしなさいよ、バカシンジ!いや、ガキシンジ!!

eva3_still03_large.jpg
こちらは輪をかけてツンケンが増した式波・アスカ・ラングレー
14年経っても変わらないままの原因は、「エバの呪縛」だそうで。

「ほんとっ、ガキね!」
以前の「バカシンジ」から「ガキシンジ」へとシンジのあだ名がバージョンチェンジ。
マリ「コネメガネ」と呼ぶ。
「いっつも、いっつも援護射撃が遅ーい!」

eva3_still04_large.jpg 
 誰もかれもがギスギスした荒んだ空気の中で、この子だけは変わらない。
やっぱり「お気楽マイペース」の真希波・マリ・イラストリアス
「モチのロンよ。」

 「ひとりじゃないって~ 素敵なことね~」
冒頭、天地真理「ひとりじゃないの」を熱唱しながら御仕事。
「破」では「三百六十五歩のマーチ」でしたな。

「ワンコ君はおとなしくお座りしてたかしらん。」
(アヤナミに対し)「オリジナルはもっと愛嬌があったけどなあ。」
まちがいなく、相当昔から碇ファミリーを知っている。
何者なのだ? 実際は中年齢ではないか? いやそれじゃ、エヴァに乗れんし。

「鬼が出るか蛇が出るか。 それはそれで楽しみだにゃん。」

2012_1203_233641-DSC00423.jpg
人が変ったようにクスリともしなくなった葛城ミサト
おなじみの「ちょっち・・」のフレーズさえも聞かれずじまい。
非常にさびしいが、この14年間に相当きついことを経ての今なのでしょうな。

「イカリ・・シンジ・・・でいいのよね。」
懐かしの再会も、ゾッとするようなリアクションの薄さで、シンジを殺す寸前まで行くが、後半やっと「シンジ君!」が聞けてチト安心。

eva3_still02_large.jpg 
「破」でシンジ君が救いだしたはずの綾波レイは発見されず。
リツコさん曰く、綾波レイはもう存在してはいない。
ここに出てくるのは一連の綾波レプリカ・モデルの初期タイプ「アヤナミレイ(仮称)」

「命令じゃないから・・・。」
元々そうとはいえ、これほど愛想なしのレイも残念。

「スキってなに?」・・・・・・・・・・

eva3_still01_large.jpg 
「音が楽しいねえ。」
微笑みのピアニスト、渚カヲル

「僕は君と会うために生まれてきた。」 
うっほぉ~、シンジ君赤面。
ゲイとかストレートとか、そういうフロアにはいない。 ヒトではないのだから。

「エヴァで変わったことはエヴァで変えればいい。」
世界のリペアを志した第一使徒はゲンドウの罠により、第十三使徒に堕ちる。
ああ、それで13号機なわけね。
imagesCA2V36GN.jpg
TV版となぞらえた壮絶な末路。
「また会えるよ・・・。」
         

 「エヴァに乗れ。」
メガネ以外は何も変わっていない碇ゲンドウ
 それよりも、シンジ君と将棋を指しながら、色々語ってくれた冬月さんが印象的。
「世界を崩すことなど造作もないが、しかし、創りなおすとなると・・・。」

「31手先で君の詰みだ。」 飛車角抜きでこの強さ。
 “このセリフの31分後に・・・!”という、あることが判明して巷で話題になってますね。 それホント?
 
 隠れファンの多い(隠れてないか)、伊吹マヤも歳月を感じさせます。
「これだから若い男はっ!」
ど、どうしたの・・・、恐いよマヤさん
 
 赤城リツコさんがベリーショートで出てきたのも、おったまげましたね。
家田荘子かと思いましたがな。
         

 「序」と「破」を「起承」のシークエンスとして、14年の時間を越えた「転」の「Q」から「結」のファイナルに向けての2作が新劇場版のメインプロット。
いろんなことがトランスフォームされていて、驚きっぱなしで終わってしまう95分間はホント短すぎっ!

 次なる「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」でいかなる大団円を迎えるか楽しみですな。
タイトルが「ヱ」⇒「エ」、「ヲ」⇒「オ」に変わってますね。 「シン」ってナニ?
2号機と8号機が合体してますが、「フュー・・・ジョン!」でもしましたか?

 願わくばハッピー系で終わってほしいな。
完全じゃないからこそ愛しいこの世界が再び甦ることを祈らん。
imagesCASWAXFA.jpg 
「希望は残っているよ。 どんな時にもね。」 by 渚カヲル
 その希望とは、碇シンジ、君のことだろう。
顔を上げよ。 己の脚で立ち、前へ踏み出せ。
たとえユートピアが幻想であろうとも、無垢なる愛の力を世界が待っている。
生きる悦びと命の真義を得てこそ、人と神は一体となる。


「賢人のお言葉」
 「真実の文字は、「人間はこんなに不完全だ」からくる闘争を明らかにする。 われわれ人間は、悪事のできる天使でもないし、高価な大望を抱くことのできない動物でもない。 人間の闘争は続く。」
 林 語堂
スポンサーサイト



人生の特等席 | トップページへ戻る | その夜の侍

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

オハラハン

Author:オハラハン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも一覧

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02