FC2ブログ

トップ  >  感想  >  タイタンの戦い

タイタンの戦い
2010年05月06日

‘‘特撮の父’’レイ・ハリーハウゼンの引退作になった81年のスペクタクル映画「タイタンの戦い」のリメイク。
オリジナルは昔テレビで見たのを覚えてる。(確か何回も放送されてたような記憶がある) コマ撮りのクリーチャーの動きが独特でしたねえ。

話自体さほど面白いもんではない。 ギリシャ神話ってだいたいそう。
人間の神頼みに応えていろいろと恵んで下さる神々もどんどん傲慢になり、好き放題やり倒す。これにキレた人間は「もうオマエらなんか頼るかい!」と言えば、神さまは「ワシらに逆らうんかい!」と逆ギレなさる。
そのうえ「10日後に王女を生贄に差し出さんと、オマエらの町をワヤにしてもうたるぞ!」などとすごんでくる。
ヤクザです、こいつら。

全能の神ゼウスが人間の女にちょっかいだして生まれたのがペルセウス。
神 VS 人間の争いに巻き込まれて、育ての親を亡くしたペルセウスは「俺は神とちゃうわい!」と人間と共に神にケンカを挑むのです。

オリジナルの伝説の名シーンであるメデューサやペガサス、巨大サソリなんかが出てくると、ついついノスタルジックな気分の方が先に出てきますな。
オリジナルのクラーケンは半魚人みたいなビジュアルでしたが、こちらは「エイリアン」のチェストバスターみたいな頭部の怪獣。

ブーボーという機械じかけのフクロウがカメオ出演してたのにはびっくり。 「うわー、懐かしい!」
アルゴス国の戦士団と旅の準備をするペルセウスがブーボーを手に「これは持って行かなくていいのか?」と言うと隊長さん(?)が「それは置いていけ。」と冷た~いお返事。

・・・まあ、このように、どうしてもオリジナル版を引き合いに出してしまうぐらいですから、個人的には3D映画という付加価値がなけりゃ、どうってことのない映画でしたのよ。

「賢人のお言葉」を頂戴いたしましょう。

 「神々と肩を並べるには、たったひとつのやり方しかない。神々と同じように残酷になることだ。」  サルトル

スポンサーサイト

どう?3D映画 | トップページへ戻る | 月に囚われた男

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

オハラハン

Author:オハラハン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも一覧

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02